2015-9-22 役立つ

鬼怒川の水害では、どこで大雨が降ってもおかしくないということを思い知らされました。
規模の小さい浸水なら、「土のう」で何とかなることも多いので、いざというときのためにつくり方や積み方を知っておくと安心です。

 

●わかりやすく書かれているイラストがありましたのでご紹介します。
なぜ袋を裏返して使うといいのかがわかりますね。

 

 

●こちらの動画もわかりやすいです。
なるほど。紐はこうやって結ぶのか。

 

参考になったらぜひ「いいね!」やシェアをお願いします。

コメントは受け付けていません。